Ellis

【サンウルブズでの活躍に期待!SO小倉順平選手の素顔に迫る】

7月15日(土)、ホーム秩父宮で最終戦に挑むサンウルブズ。サンウルブズの一員であり、普段はトップリーグ、NTTコミュニケーションズシャイニングアークスで活躍している小倉順平選手をご紹介する。

Ellis Web編集部

1.チームの司令塔!小倉順平選手に迫る

©NTT Communications ShiningArcs



7月15日(土)にシーズン最終戦に挑むサンウルブズ。今回はチームの一員であり、普段はNTTコミュニケーションズシャイニングアークスでキャプテンとして活躍している、小倉順平選手を紹介する。彼のプレースタイルはもちろん、プライベートな一面にも迫っている。

2.NTTコミュニケーションズシャイニングアークスとは

まず初めに、小倉選手が所属するNTTコミュニケーションズシャイニングアークス(以下、NTTコム)について紹介したい。

2017年にトップリーグ8シーズン目を迎えるNTTコムは、昨シーズンは史上最高の5位という成績を納めた。

2014年シーズンからヘッドコーチにU20NZ代表ヘッドコーチ経験もあるロブ・ペニー氏を迎え、シーズンごとに順位を上げているチームだ。

プレーの特徴としてはボールを大きく動かし、機動力を生かした攻撃を持ち味としている。

注目選手は日本代表に選出されている小倉順平選手をはじめ、アマナキ・レレイ・マフィ選手、金正奎選手らが挙げられる。

その中でも昨シーズンは若い選手が多く出場し、今年もチーム内でのポジション争いが激化することは必至だ。チームの底上げをしながら、今シーズンはトップリーグの頂点を目標に据えている。

3.チームの司令塔!小倉選手のプレースタイル

©NTT Communications ShiningArcs

小倉選手は2015年、トップルーグのルーキーイヤーから10試合出場と若くして日本の期待を背負っている選手だ。

そんな小倉選手のプレーといえば身長172cmと小柄な体から繰り出されるランニングスキルが持ち味だ。

また、速く長いパス、正確なキックを使い分ける器用さも武器にしており、
スペースへのボールの展開と相手を翻弄するノールックスパスには注目したい。

またスタドオフというポジションを任されており、チームの司令塔としても期待がかかる。

小倉選手は普段から明るく、誰とでもコミュニケーションをとる、チームの元気印でもある。

日本代表、サンウルブズで活躍する小倉選手はトップリーグでも自らの経験をチームメイトに伝えてくれるはずだ。

4.実は天然!?小倉選手のプライベート

©NTT Communications ShiningArcs

試合ではキレッキレの動きで魅せてくれる小倉選手。
続いては彼のプライベートに迫っていきたい。

小倉選手のニックネームはじゅん。

NTTコムのLO中島進護選手、CTB石橋拓也選手によると、小倉選手はプライベートではいつも笑っていて、超がつくほどのマイペース。

天然なところが多々あり、チームメイトが驚くほどの天然ボケをかますこともあるそうだ。

また超がつくほどのゲーマーだそうで特にサッカーゲームでは無類の強さを誇るという。

オフの日も家でゲームをしたり、音楽を聞いたりと完全なるインドア派だ。

試合で見せるキレッキレの動きとプライベートでの天然さ。
このギャップこそが小倉選手の魅力の一つなのかもしれない。

5.サンウルブズ最終戦!小倉選手のココに注目

7月15日に行われるサンウルブズの最終戦。

小倉選手はゲームをコントロールする、司令塔の役割を担うSOというポジションでの出場が予想される。

そのため生まれ持った天性の閃きで、チームメイトの持ち味を生かすようなゲームメイキングには期待したい。

さらに、小倉選手の持ち味であるロングキックとボールを持った時の仕掛けで対戦相手のブルースを翻弄してくれるはずだ。

NTTコムでチームメイトの石橋選手、中島選手も「チームの司令塔としてチームを勝利に導いてほしい」と期待を寄せる。

普段からコミュニケーションを大切にする小倉選手はサンウルブズでもチームに溶け込んでいることがすぐわかるという。

チームの司令塔としてチームを勝利に導いてくれることを期待して応援しよう!

頑張れジュン!!
頑張れサンウルブズ!!


取材協力:石橋拓也、中島進護選手、NTTコミュニケーションズシャイニングアークス
トップ画像クレジット:©NTT Communications ShiningArcs