本日のピックアップ(2ページ目)

【日本最小ラガーマンが語る豆の眼力】 7人制期待のホープ、後藤輝也選手の技術を紐解く

7月2日に行われたライオンズ戦。残念ながらサンウルブズは大敗してしまった。しかし、豆の眼力は勝敗ではなく個々の選手の素晴らしい技術に着目し日本ラグビーの素晴らしさを発信していきたいと思う。今回のライオンズ戦で注目すべきはWTB後藤輝也選手(背番号11)のあるプレーだ。WTB後藤選手は私の元チームメイト。彼の技術がいかにすごいのか、彼が調子に乗らない程度に豆の眼力で解説していきたい。

【サンウルブズでの活躍に期待!】ムードメーカー後藤輝也選手に迫る!

7月2日(日)に昨年度の準優勝チームであるライオンズと対戦するサンウルブズ。 サンウルブズの一員で、普段はNECグリーンロケッツで活躍している後藤輝也選手の紹介!

【日本最小ラガーマンが語る豆の眼力】世界レベルの技術!日本代表2選手のプレーをプロレベルで紐解く。

6/24に行われたアイルランド代表との第2戦。負けはしたが、日本選手の個々の能力が世界に通用することを証明したシーンも随所に見られた。 今回はほんの一部ではあるが、CTB松島幸太朗選手(背番号13)のトライと日本代表エースWTB山田章仁選手(背番号11)のプレーを豆の眼力をもって説明していきたい。

日本唯一のキックプロコーチ君島良夫はこう見た!ジェイミージャパンのキック戦術を紐解く

今回は、6月の日本代表(ジャパン)対アイルランド代表の2試合をジャパンのキック戦術からレビューしていこうと思う。キックの使い方、精度、チェイス(キックしたボールを追いかけて再獲得やトライに繋げる)、ジェイミージャパンの戦術について触れながら、レビューしていきたい。

【ミヤッキー’s eye】日本を「居心地のいい場所」にさせるな!世界第3位を倒すための24日アイルランド代表戦第2戦見どころ。

22-50。6月17日に行われたアイルランド代表との第1戦。日本代表は静岡県エコパスタジアムに集まった27,000人を超えるファンに勝利を届けることができなかった。今週24日(土)に同じ相手との第2戦が東京・味の素スタジアムで行われる。今回は第2戦の見所を解説していく。

【日本最小ラガーマンが語る豆の眼力】実はこんなに詰まっていた!日本代表トライシーンをプロレベルで紐解く。

6月17日に行われたアイルランドと日本代表の1戦。 22-50で敗れはしたものの、注目すべきシーンがいくつもあった。 そんなプレーを元7人制ラグビー代表の首藤甲子郎氏に解説してもらった。

【日本最小ラガーマンが語る豆の眼力】日本代表の戦略は不評!?気になる本当のところはどうなのか語る。

6月17日に行われたアイルランドとの1戦。 日本は22-50で敗れた。この試合の日本代表の戦略はどのようなものだったのか。 元ラグビー7人制代表の首藤甲子郎氏に解説していただいた。

2019年日本W杯のライバルと激突! 君島良夫氏が語る、アイルランド戦の見所!

6月10日に行われたルーマニア戦に勝利し、勢いに乗るラグビー日本代表。17日には、強豪アイルランドとの試合を控えている。アイルランドは2年後のラグビーW杯で日本と同組になることから、この1戦は注目を集めている。そこで、2016年までトップリーガーとして活躍し、現在は日本初のプロキックコーチを務めている君島良夫氏に見どころを聞いた。

強靭な体のぶつかり合い。スクラムのポイント!

ラグビーといえばスクラムを想像する方も多いのではないでしょうか! 強靭な肉体の選手たちが、集団になってぶつかり合う。 ラグビーをもっと楽しめるようにスクラムのポイントを紹介します。

激突!首藤甲子郎氏が語るラグビー、ルーマニア代表戦の見どころ

6月10日に行われる、ラグビーの代表戦。 初戦のルーマニア戦の見どころを首藤甲子郎氏に聞いた。